私の日常&LAでの記録
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LA滞在記-2
2010年07月06日 (火) | 編集 |
6月23日初日。

la20100705.jpg

JALにてLAに旅立つ。
LA行きは1日1便。
17時20分発の便でいざLAへ!!

「あんなものが空を飛ぶなんて信じられない」
「一生飛行機だけは乗りたくない」

ずーっとそういい続けていた私。
国内便ですら避けていたのに、いきなり行き先はLA。
これもMJパワーってやつだ。
私をそこまで虜にしたMJ、彼はもういないのに、
でも私は命日をどうしてもLAでむかえたかったし
お墓やネバーランドに行きたかったのだ。

Mさんとの待ち合わせもすんなりいき、
その後はJTBの窓口に行ったり、換金をしたり、
免税店に寄ったり、食事をしたり・・で、アッという間に搭乗時間。

食事後に薬を追加で飲んだからか、ドキドキは全然なく、
離陸時の体に感じるGが嫌というのを散々ネットで読んでいたけど
それすら「すげー」と楽しむ私。
それもこれも、行き先にはMJがいるからだったと思う。

機内ではTIIを観たり、寝たり・・。

la20100705-2.jpg

行きは10時間かからなかったのかな。
LA時間の23日11時前後に着いたと思う。

la20100705-3.jpg

la20100705-4.jpg


ここからは全て英語~。
アタフタとしているのがわかったのか、「ジャパニーズはあっち」
「JTBはあっち」と教えてくれる空港内のスタッフさんたち。
それでも変なところから私とMさんは出てしまったっぽい

これでいいの??と思いつつ、ドライバーさんにホテルに送ってもらう。
TIIばかり観に行っていた私が行きたかった場所のひとつ、
リハーサルや追悼式が行われたステープルスセンターはホテルから
数ブロック先で、歩いてもすぐ行ける場所だとわかった。

荷物を置いて、いざ、ステープルスセンターへ。

la20100705-5.jpg

ここにMJが来ていたのか・・いまいち実感はわからないけど
不思議な空気を感じた。近くに来た!そんなかんじ。

ホテルからステープルスセンターに行く途中にはグラミー博物館もあった。

MJと一緒にパチリ。
(とりあえず、MJ関係はなんでも撮っておきたいというわけだ)
la20100705-7.jpg

私たちが泊まったのはダウンタウンにあるホテル。
ビジネス街というだけあって、他の地区に比べると高いビルが多かった。
LAに行って歩いていたときは「外国にいるという気がしないなー」と
思っていたんだけど、帰国してよーくわかったこと。
車社会のLA。歩いている人が少ないっ!
昼間でも行ってはいけないという場所があります・・。

la20100705-9.jpg

la20100705-11.jpg

翌日も予定はなかったので、ホテル内のJTBでツアーを申し込む。
日本人スタッフだけのこの場所、パソコンも使えるここが
滞在中の駆け込み寺のようになった。

初日はホテル内のレストランで食事。
チップなど、日本ではない習慣に戸惑いつつ、1日目終了。

初日での誤算。
いくらでも買える場所があると思っていたショッピングをする場所が
ホテルの近くにはなく、2日分の洋服しか持って行かなかった私は
結局毎日ホテルで手洗いをし、同じ服を着まわす・・ということに
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。