私の日常&LAでの記録
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVD@SAW4
2008年03月26日 (水) | 編集 |
saw4.jpg


我が家の近くの映画館では上映がなかったので
DVD化を楽しみにしていました!!
レンタル開始日に朝1番でチャリをこぎこぎお店へ。

SAW3と同時進行だという情報はネットで見ていたんだけど
SAW3の内容をうろ覚えの私はいきなり4を観て
「これ誰だっけ?」と思うシーンがあちこちに・・。
結局1度最後まで見て、それからSAW3を観て
(この時、登場人物を全部メモするのも忘れずにやった)
それでまた4を観ました。

この映画は珍しくハマっている映画で、ゲーム云々や
謎解きみたいな部分、意外性も楽しいんだけど
やっぱり言葉がね~、きますよ。
SAW3のテーマは「赦すこと」
SAW4のテーマは「救うこと」
今回どっちも観ているからどっちでの言葉か忘れてしまったけど
カラダの傷は癒えても心の傷は癒えない
というような台詞があってズシーっときた。
生きるということを大切にしないといけない、そう思わせてくれる映画。
でも!一般的にはSAWっていったらゲーム性やグロさを
求めている人が多いんだろうなー。
ゲーム性は私も頭を使えるしいいけれど、グロさはお腹いっぱーい。
これがなければ・・と思うけど、これがなければSAWでは
ないんだろうな。5があれば是非映画館で観てみたい。

で、4に戻るけど・・・・。
え~~、こんな所であっさり死んでしまうなんてー!!
○○刑事、生還すると思ってたよ。。
あと、2回見ても、ホフマン刑事とFBIのストラムの違いがわからず。
この2人の顔がどうしても同じに見えてしまって、
「ゲームオーバー」を言うのがこいつだと気付かなかったー。
字幕を観る、顔を見る…「どっちだ?誰だ?これ」って思っちゃって
ちゃんとわかる人が観れば「怪しい!」と思うシーンを
見逃していた私。

ジョンは死んでもゲームは続く・・・・・コワイ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。