私の日常&LAでの記録
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画館@ハンニバル・ライジング
2007年04月28日 (土) | 編集 |
han.jpg


公式サイトはこちら

+++

ハンニバル・レクターの若き日を描くシリーズ最新作。
彼がいかにして人喰い殺人鬼となったのかが描かれているという事で
原作を知らない私もイトコもかなり楽しみにしていたのだけど…。
観終わった私たちは「ふ~ん…」という感じで、若き日のレクター役の
ギャスパー・ウリエルの事を「線が細い子だね」とか「何人だっけ?」
なんて会話をしつつ映画館をあとにしました…。
この映画に限らず、映画が原作と違うのは仕方がないと思っていて
ハンニバル・レクターの前3作は個々に違う作品のような感覚で
私は観るようにしているんだけど、今回は、どうしてここから
カニバリズムへといってしまったのかがわからずに、
他の作品と比べて観てしまった。だからと言って原作を
読みたいとも思わないから、これはこれでいいんだけど。
でも映画として観るにはかなり物足りなさがあったなー。
ハンニバル・レクターはやっぱりアンソニー・ホプキンスの
イメージが強いし、違う映画を観ているようだった。
それに、ハンニバルとの絡みで重要な存在の日本人女性役が
日本人じゃないとこがなんかなーという感じ。
私もイトコも「1回観ればいいって感じだね」と意見一致。
ご飯の話をしながら帰宅した。

そして、約1時間後に再び映画館へ。
ナイトミュージアム、私は3回目の鑑賞。
これはもうイトコも「DVDが出たら買う」と大絶賛。
単純に楽しい、うん。好みが似てるからな。
イトコも好きな映画だとは思ったわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。