私の日常&LAでの記録
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ書籍化
2009年01月07日 (水) | 編集 |
自分のガン闘病前後の日記を書籍化サービスで本にしてみた。

book20090106.jpg

あくまでも印刷のみなので、改行などは自分で調節しなければいけない。
それは無料で何度でも出来るし安心。

ただ、私は年末、それも夜中にやったからか見本が届くのが遅くて
試しにこのままでいいやーと何も考えずに申込みをしてみた。

カバーを外した中もちゃんとタイトルとかが入ってるよ。
book20090106-2.jpg

目次部分。
book20090106-3.jpg

こんな感じです(クリックで拡大します)
book20090106-4.jpg

私が頼んだのはモノクロ印刷で96ページ。
ソフトカバー料金なども入れて送料込みで2508円でした。

今度は当時の写真も加えて、もう1冊書籍化してみるつもり。
ゆうの闘病記録も本にしたいけど、あれはページ数がすごいし
無理だな~。でもこれ、いい記念になるよ。
スポンサーサイト
お墓に入りたくない人 入れない人のために
2008年12月09日 (火) | 編集 |
 お墓に入りたくない人 入れない人のために

図書館で借りた本。

そうなった時に慌てないように、夏頃からお墓について調べ中。
義母については今も、そして亡くなってからも会いに行くのは
私と旦那しかいないし、お墓をたてるつもりはない。

年に1度だけ受付があって、でも何年か待つだろうという樹木葬や
芝生葬がある霊園を候補として考えていたんだけど
これも何十万単位でお金がかかるのもあってうちにはきつい。

そんな中、何がキッカケか忘れたけど、散骨について調べてみたら
これって理想かもしれないなーと思うようになった。
そういった業者、葬儀社(散骨する為に砕いてくれる)もある事を知った。
私有地に勝手に散骨するのはマナー違反だけど、散骨自体は
違法ではないというのも知った。

この本には色んなお墓以外の供養の仕方が載っていて
散骨した有名人なども多く紹介されていた。
お墓に入れる状況にはなく、相談する身内もいない我が家で活用できる本だった。

先日、1年ぶりくらいに話した旦那の兄嫁さんに義母の状態を話したら
「もうそうなったら長くないんじゃない?」と言われて、焦っていたし・・。
もう兄たちは関係ないとはいえ、言ってほしくはない言葉だったかな。

おかあさんががんになっちゃった
2008年10月03日 (金) | 編集 |
 おかあさんががんになっちゃった

コミックエッセイです。
書店で見つけた時、買いたい!と思ったんだけど買わずその後図書館で予約。
でも、予約待ちをしている間にブックオフで購入した。

涙ナミダです

がん告知されたお母さん。
最高の治療をうけてもらいたいから、がんセンターに連れて行こうと思うと
お父さんが言う場面がある。「がんセンター」に思いきり反応。
その後に「名前(がんセンターという名前)がストレートすぎるのよー」と
いう場面もあって。私も最初「まんまじゃん!」とか思っていて
自分は癌なんだ・・というズッシリとした重い気持ちになっていた。
でも、この本の中にもある「ここにいる人たちはみんながん患者や家族」。
これ、すごーく心強いし気持ちも楽になる部分だった。
最初に私が癌という病気を受け入れて頑張らなきゃと思ったのは
やっぱりがんセンターに検査で通っている時だったなーって思う。
面会時間前にいる人たちはまぎれもなく患者さんや家族で
今でも定期健診のとき、ドキドキしたり気持ちも重くなったりするけど
一般の病院とは違う安心感がある。

私はがん患者の家族ではなく患者本人だったけど
ネットで色々検索しまくって逆に落ちたり、
身辺整理をしたり・・あの時の事を色々思い出した。
年が明けて少したてば、手術から5年です。
役立ち本
2008年02月05日 (火) | 編集 |
 賞味期限がわかる本

図書館で借りた本です。

食品に書いてある「開封後はお早めに」の表記。
いつも「お早めにってどれくらい?」って思っていた。
その辺、アバウトに出来るほうではなくて
冷蔵庫の賞味(消費)期限チェックが好きです、私。
でも、この「開封後~」がわからずにいたんだけど
この本である程度知ることが出来た。

こんなに早く使い切らないといけないものなの?と
いうものが案外多くて驚いた。
味が落ちるとか、そーゆう意味で開封後○日という物も
あるんだけどね。でも、2人家族の我が家は、調味料などは
大きい物は買わないほうがいいなーと思った。
冷凍にしても保存期間は短いものが多かったな。

そろそろ返却するし、普段常備しているような物だけメモをした。
購入
2007年12月26日 (水) | 編集 |
book20071225.jpg


書籍は図書館で借りる事が多く、あまり買う事はないんだけど
この2冊、即買いでした。
「夫が~」の方は、以前ブログで偶然読んだことがあったもの。
だけどさかのぼって読むまではしていなかったから
どんな内容なんだろうと思っていたから買ってみた。
ブログがそのまま本になりましたという感じではなく読みやすかった。
(○月○日…投稿記事、というのではなかった)
実際はドロドロしているんだろうし、著者である奥さんも
汚い言葉で責めたりもしたみたいだけど、文章の書き方が
とても私好みで無理なく読めた。
面白系の書き方、内容は苦手なので…。

「余命~」の方はテレビでも見ていたので本でも読みたかった。
テレビでは視聴者に伝わらなかった部分が多々あって
本で読んでよかったなと思った。
この手の本は残された人の気持ちを考えて辛くなってしまう。
私自身が癌になった時、自分が生きたいという気持ち以上に
残して死にたくないという気持ちが強かったからだ。
残されるという事をもの凄く恐れているのもあって
遺族の視点で見てしまう。
でも、がん告知された時のあの気持ちは私も一生忘れないし
色んな感情がわきあがってくる中で読んでいた。

久しぶりに、買って損はなかったと思った2冊でした。
今日読んだ本
2006年06月12日 (月) | 編集 |
 松居一代の超(スーパー)整理・収納術

テレビで見ていても、松居さんの家はすっごくキレイで
整理整頓もしっかりしていそうだなーと思っていたんだけど
想像以上でした。凄い!凄すぎる。
「ここまでする人がいるとは!」ってくらい。
これだけしっかり収納していたら、捜し物で困る事はないだろうな。

整理整頓好きな私はかなり楽しく、そして参考になる本だった。
100均で仕切り板を買ってこよう~。
そんなものが売っているのを知らなかったよ。

引き出しの中はカゴや箱を入れて整頓をしているんだけど
なかなか合うサイズがないしどうにかならないかなと
思っていたのよねー。仕切り板ならうまく整頓出来そう。
カバンの収納にブックスタンド。これも使えそう。

私は見た目ごちゃごちゃしているのが嫌だから
とにかく収納をする。あまり物を出しておかない。
だからこそ収納をうまくする事、これは重要なのよね。

 図書館で借りた本なんだけど、これは購入予定。

購入本
2006年03月25日 (土) | 編集 |
 消費セラピー(辛酸なめ子)

 SONIA-白くなった黒ラブ・ソニア-


辛酸なめ子さんの本は最近ちょっとお気に入り。
最初に読んだ本が面白くてそれから何冊か借りている。
中には自虐的すぎてキツイなというのもあるんだけどね。。
【消費セラピー】は内容を知らずに文庫本を買ったんだけどこれは面白かった。
辛酸さんが消費した物(購入した物)についてのエッセイ。
これを見て「私も欲しい!」と思ったものがいくつかあった。
そのうちの1つが育てるアスパラガス
湿度の高い部屋に買ったまま放置していたら、箱を開けた時には
中で20cmくらいに生長していたらしい(笑)
でもこれ、1~2月販売ってなってるしもう売ってないだろうなー。

SONIA-白くなった黒ラブ・ソニア-はテレビ東京のポチたまで
紹介されて評判になったソニアの本。
大好きなお父さん(ご主人)が亡くなって半年ほどたった頃から
だんだんと色が白くなっていった黒ラブのソニア。
ここを見てみてください。もう、写真を見るだけで泣けるよ…。
もう帰って来ないお父さんを待っているソニア。
お父さんもソニアに会えない最期の日々が辛かったと思う。
2年たった今、ソニアには黒い毛が戻ってきているらしい。
購入本
2006年03月18日 (土) | 編集 |
 山瀬まみのおウチが好き。毎日が好き。

ネットで全然買えなかった本(売り切れ、メーカー在庫無し等)
どうしても欲しくて本屋に探しに行ってやっと手に入れた。
見ているだけでホンワカした気持ちになる。
本の内容は↑の本のタイトルをクリックすると見れます。

私、まみちゃん好きなのよ。雰囲気(見た目)が好き。
この本の中のまみちゃんは、テレビの姿とはまた違って
可愛らしい奥さんって感じ。
インテリアはかなり私好みで見ていて楽しかったわ。
今日読んだ本
2006年03月02日 (木) | 編集 |
 千秋日記(千秋)

 恋より仕事(室井佑月)

サクサクっと読み終わった。
面白くてアッという間にという事ではなくちゃんと読んでいないだけ
ちょっとクセのある2人。
千秋さんはね、文章を読んでいてもテレビのあのキャラが
頭にうかんできちゃって内容に集中出来なかった。
まー、妊娠とか出産とか私には全然関係がない話が多かったからと
いうのもあるんだけどね。

室井さんは面白いんだけど…やっぱり気になる言葉づかい。
飯とか食うとか、若い子が使うような言葉で書いているから読みづらい。

 図書館で借りた本です

今日読んだ本
2006年02月20日 (月) | 編集 |
 Room mix(千秋)

タレントの千秋さんのインテリアブック。
テレビで見ていて、私の好みとは全然違うなと
思ってはいたんだけど、見てみたい1冊でした。
実際見てみて、私自身が「こんな感じにしたい」って
思う部分はなかったけど、見るのはとても楽しい1冊だった。

私は物を部屋に飾ったりするのではなく、好きな物でも
普段はしまっておいて、たまに出して見るというタイプ。
自分の家はあまり物を置きたくないけれど
でも、色々な物で飾られた部屋を見るのは大好き。
そういった意味で彼女のお家は各部屋ごとにテーマが
決まっていて、統一感もあって、見ていて楽しかった。

 図書館で借りた本です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。