私の日常&LAでの記録
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LA滞在記-6
2010年08月03日 (火) | 編集 |
LA滞在5日目~

7日間のLA滞在だったけど、日付変更線をこえて
時間が戻ったりもするし、丸々LAにいたのは4日間。
到着した日を入れて5日間。
あっという間だった・・

戻ってからどれだけたつんだ!というくらい時間がかかって
記録も終わりにします。

最後はご飯いろいろ。
言葉が通じないとか、チップとか・・かなり戸惑った。

ユニバーサルでは持っていくだけでいいセットもの購入。
でかい・・あぶらっこい・・
la20100722.jpg

その日の夕飯はドライバーさんに教えてもらったスーパーへ。
スーパーでも、買い方でいちいち迷う・・
お惣菜のコーナー、でっかい容器しかないしアタフタ。
これでも私なりにドカっと入れたけど、チマっとしか見えないサラダ。
la20100722-2.jpg

25日のツアーでの昼食。
このハンバーガーめちゃくちゃ美味しかった~。
日本ではバーガー類ってほとんど食べないんだけどこれは食べられる。
la20100722-3.jpg

26日はピンクスのチリドッグ。
la20100722-4.jpg

インド料理レストラン「チャクラ」
la20100722-5.jpg

マイケルが好んでいたというメニューもあるよ。
(クリックで拡大)
la20100722-6.jpg

照明がとても暗かったのでちゃんと撮れていなかったけど
(ストロボ撮影が嫌いなのでそのまま撮るし暗いの・・)
一部だけ載せるけど・・・
旅の間でやっとちゃんとした料理を食べた!という感じだった。
美味しかった。
la20100722-7.jpg

la20100722-8.jpg

LA時間28日の朝8時半頃にはホテル出発。
LAばいばい。絶対にまたいくよ!

搭乗前にご飯。
一応ラーメン。不思議な味のラーメン。
la20100722-9.jpg

日本に戻りたくない・・
機外カメラで外を見ていました。
la20100722-10.jpg

成田到着。
28日のお昼過ぎに離陸したのに、着いたのは29日の夕方。
何なんだ、この時差は!
la20100722-11.jpg

不安いっぱいで出発をしたけれど、楽しい思い出をいっぱい作って帰ってこれた。

夢・・いつかLAに住む!!
スポンサーサイト
LA滞在記-5
2010年07月21日 (水) | 編集 |
6月26日 LA4日目

この日はマイケルゆかりの地へのツアーです。
25日と同じくドリームズ・カム・ツアーズの今井さんご夫妻のツアーに参加です。
(ご了承を得たので、リンクをさせていただきます)

ドリームズ・カム・ツアーズ

25日と違い、いろんな場所に行くツアー。
気づけばもう1ヶ月近く前のことだ・・
あの時に戻りたい・・


スリラーのショートフィルムで出てくるスリラー通り。
la20100705-50.jpg

la20100705-511.jpg

スリラーで使われたお家。
la20100705-5211.jpg

マイケルが買い物によく行っていたというお店。
la20100705-53.jpg

レシートも見せてくれたよ。
マイケルが買ったものと同じのを2つ買ってきた。
la20100705-55.jpg

ハリウッドのウォークオブフェイム。
これはちょっと想像と違った。
普通に、人が歩くところにあって驚いた。
人にあまり踏まれないような道にあると思っていた。
la20100705-57.jpg

la20100705-56.jpg

マイケルの壁画~♪
la20100705-54.jpg


マイケル、最期の家。
2日間でマイケル関連の地へいっぱい行ったけど、
私はこの場所に1番マイケルの魂のようなものを感じた。
なんとも言えない不思議な気持ちになった。
la20100705-61.jpg


マイケルへのメッセージをみんなで書いた。
これは、Mさんが撮った写真なんだけど、しっかり私が写りこんでいて、
マイケルのフトコロにいてむかつくーって言われた写真です。
Mさん、マイケルの胸にしっかり入っていてごめんねー。
la20100705-39.jpg

エンシノのお家。
ここにはキャサリンさんとお子さんたちが住んでいる。
私たちがいる間、あちこちで偶然に門が開いている。
フォレストローンでも、ネバーランドでも、マイケル最期の家でも、
そしてここ、エンシノのお家でも・・。
la20100705-6511.jpg

休憩中に今井さんと(笑)
えっと・・今井さん、本当に面白いです。
この時もアラフォーと叫んでました。覚えてますかー?
私はそのノリが好きでした。テンションあがるわ。
la20100705-36.jpg

この日は、マイケルがお気に入りだったインド料理レストラン、
その後にトリビュートバンドのライブを見に行き、ホテルに戻ったのは
0時を過ぎていました。朝の8時過ぎから動いていたし
私を知っている人には信じられない長時間の行動っぷり。

20100721.jpg

他の場所にも行ったけど、私自身がマイケルを感じた場所だけ載せました。
LA記録、あと1回続きます。

ではー。
LA滞在記-4
2010年07月08日 (木) | 編集 |
6月25日 LA3日目

やっと!今回の目的、MJツアーです
私は朝シャンをしないと駄目な髪質なので、この日も早起き。

ツアー代表はMさんだった為、Mさんに「渋滞などが予想されるので
少し早めにホテル前へ」という内容の電話が入った。
即、用意をし、1番乗りでホテル前へ・・。

ツアーガイドさん(主催)は日本人のご夫婦。
LAに住んで10年以上(ご主人は20年近くだったかな)の方たち。

この日のツアー料金83ドル(花代込み)を支払い、バスの中へ。
ガイドさんのすぐ後ろの席をとりました。
前に人がいっぱいいるのが見えると発作が出るかも・・と思ったので・・。

この日はフォレストローン墓地とネバーランドコース。
各ホテルにツアー参加者の方を迎えに行き、出発。

フォレストローンは車だとすぐの距離でした。

la20100708-1.jpg

外にはマスコミの人たちもいっぱい。
la201007082.jpg

la201007083.jpg

そして、いざ・・中へ・・・
la201007084.jpg

ん?この人見たことがある・・テレビで見ているはず。
la201007085.jpg


帰国して、日本で放送されていた番組を見て「あれ??」
この人、マイケルも公認していた(マイケルとももちろん会っている)
そっくりさんだったのよー。
マイケル特番を見た人であれば、マイケル役をやっていた人でわかるはず。
Carlo Rileyさんという方です。マイケルとも一緒に写真を撮っている人。
それを帰国後に知り、ちょっと鳥肌・・。

ちびマイケルもいたよ。ラブリー。
la201007089.jpg

マイケルが眠る場所・・この奥にマイケルが
la201007087.jpg

時間にしたら1分もなかったけど、タイミングよく扉が開いたの!
マイケル~~~~~。
la201007088.jpg

地元(?)ファンの方たちと写真を撮ったよ。
la2010070817.jpg

タトゥーが珍しくないアメリカ。
マイケルタトゥーを入れている人はいっぱいいた。
でも、東洋人の私が入れているのは目をひくらしく、何人にも
腕をとられてマジマジ見られて「good」と言ってもらいました。
マイケルの名前ちゃんと入っているしねー。

ここを去るときはやっぱりちょっと寂しかった。
マイケル、また絶対に来るよって言った。

そこからはネバーランドに向けて出発。

とにかく遠いです・・はてしなく遠いです。
車窓から見える景色に建物がなくなっていきます。
(後日、携帯で撮った動画を載せられたら載せます)

la2010070818.jpg

(ここからはクリック拡大で見てね)
la2010070810.jpg

la2010070811.jpg

la2010070812.jpg

la2010070813.jpg

la2010070814.jpg

la2010070816.jpg

今回のツアーガイドのIさんご夫妻。
いつも笑顔で涙もろい奥さん、そして天然?なご主人。
いろんなツアーはあったと思うけど、Iさんのツアーに参加して良かった。
ご主人は両日ともマイケルを意識した衣装で登場でした。
ご主人は私と同じ1969年生まれと発覚し、それからは何かと「同年代」といわれた私。
iさん、同年代そんなに嬉しかったですかー?(笑)
ま、他の人にも年齢言われちゃったけど、みんな「え~~??」って反応で
実年齢より若く見えたらしいので良しとしておこう。

この写真ね、何私こんなに笑えるの?ってくらい笑顔。
la2010070815.jpg

お墓もネバランも泣くと思っていた。
でもね、、日本にいるときのほうがマイケルを想って泣くことが多いとわかった。
近くに行けたから?「マイケルのそばにいる」「マイケルが歩いたところにいる」
そんな気持ちで笑顔がいっぱい出た。
LAに住むことが出来ればこんな気持ちでいられるのかなー。

LA滞在記-3
2010年07月07日 (水) | 編集 |
6月24日 LA2日目。

時差ぼけ?いつもの不眠?
あまり眠れないまま朝をむかえた。

この日はユニバーサルスタジオに行ってきた。
交通機関を使うのが不安だったし、送迎つきのJTBツアー。
といっても、中では添乗員さんがいたりするわけではないし
自分たちで移動はするわけで、高いツアーになったなー。

la201007007.jpg

楽しかったのは、トラムに乗って見てまわる「スタジオツアー」かな。

la20100707-2.jpg

ここではドラマや映画で使われるセットを見ることが出来て、
私が見ている海外ドラマ「デスパレートな妻たち」のウィステリア通りの中を
通ることも出来たよ。

ここからサムネイル表示にします(クリックで拡大)

la20100707-3.jpg

la20100707-4.jpg

la20100707-5.jpg

la20100707-6.jpg

la20100707-7.jpg

la20100707-8.jpg


ひたすら長いエスカレーター・・・
la20100707-9.jpg


閉鎖中(工事中?)のアトラクションもあって、
アッという間に時間をもてあます・・。
ドライバーさんが迎えに来るのは夕方17時。
なのに、お昼過ぎには「まわれるところはまわった」状態。
迎えに来てもらう時間を早くしてもらうことは出来ないか聞いたけど
それは出来ないということで、ユニバーサルを出てショッピング。

la20100707-10.jpg

la20100707-11.jpg


いよいよ明日からはマイケルツアーです。
LA滞在記-2
2010年07月06日 (火) | 編集 |
6月23日初日。

la20100705.jpg

JALにてLAに旅立つ。
LA行きは1日1便。
17時20分発の便でいざLAへ!!

「あんなものが空を飛ぶなんて信じられない」
「一生飛行機だけは乗りたくない」

ずーっとそういい続けていた私。
国内便ですら避けていたのに、いきなり行き先はLA。
これもMJパワーってやつだ。
私をそこまで虜にしたMJ、彼はもういないのに、
でも私は命日をどうしてもLAでむかえたかったし
お墓やネバーランドに行きたかったのだ。

Mさんとの待ち合わせもすんなりいき、
その後はJTBの窓口に行ったり、換金をしたり、
免税店に寄ったり、食事をしたり・・で、アッという間に搭乗時間。

食事後に薬を追加で飲んだからか、ドキドキは全然なく、
離陸時の体に感じるGが嫌というのを散々ネットで読んでいたけど
それすら「すげー」と楽しむ私。
それもこれも、行き先にはMJがいるからだったと思う。

機内ではTIIを観たり、寝たり・・。

la20100705-2.jpg

行きは10時間かからなかったのかな。
LA時間の23日11時前後に着いたと思う。

la20100705-3.jpg

la20100705-4.jpg


ここからは全て英語~。
アタフタとしているのがわかったのか、「ジャパニーズはあっち」
「JTBはあっち」と教えてくれる空港内のスタッフさんたち。
それでも変なところから私とMさんは出てしまったっぽい

これでいいの??と思いつつ、ドライバーさんにホテルに送ってもらう。
TIIばかり観に行っていた私が行きたかった場所のひとつ、
リハーサルや追悼式が行われたステープルスセンターはホテルから
数ブロック先で、歩いてもすぐ行ける場所だとわかった。

荷物を置いて、いざ、ステープルスセンターへ。

la20100705-5.jpg

ここにMJが来ていたのか・・いまいち実感はわからないけど
不思議な空気を感じた。近くに来た!そんなかんじ。

ホテルからステープルスセンターに行く途中にはグラミー博物館もあった。

MJと一緒にパチリ。
(とりあえず、MJ関係はなんでも撮っておきたいというわけだ)
la20100705-7.jpg

私たちが泊まったのはダウンタウンにあるホテル。
ビジネス街というだけあって、他の地区に比べると高いビルが多かった。
LAに行って歩いていたときは「外国にいるという気がしないなー」と
思っていたんだけど、帰国してよーくわかったこと。
車社会のLA。歩いている人が少ないっ!
昼間でも行ってはいけないという場所があります・・。

la20100705-9.jpg

la20100705-11.jpg

翌日も予定はなかったので、ホテル内のJTBでツアーを申し込む。
日本人スタッフだけのこの場所、パソコンも使えるここが
滞在中の駆け込み寺のようになった。

初日はホテル内のレストランで食事。
チップなど、日本ではない習慣に戸惑いつつ、1日目終了。

初日での誤算。
いくらでも買える場所があると思っていたショッピングをする場所が
ホテルの近くにはなく、2日分の洋服しか持って行かなかった私は
結局毎日ホテルで手洗いをし、同じ服を着まわす・・ということに
LA滞在記-1
2010年07月05日 (月) | 編集 |
日本時間の6月23日の午前10時過ぎに家を出発。
安定剤を多少多めに飲んで横浜駅へ。
いきなり、YCAT(成田直行のリムジンバス)の乗り場で迷う。
リムジンバスはフワンフワンした足回りだからか、それとも運転士さんの
運転の仕方なのか、バスに酔わない私が軽く酔ってしまった。

11時40分発、13時過ぎに成田空港到着。
今回一緒に行くことになったMさんはmixiで知り合った方で
遠方在住なのでここで初対面。
航空券とホテル(&ホテルと空港間の送迎)のみのパックでの旅だったし
食事のこと、その他のこと、いっぱいの不安を抱えたままの旅だった。

人間だし・・・正直合わない人っている。
第一印象で「駄目だ」と思ってしまう人も中にはいると思う。
Mさんとは5泊一緒に過ごすことになる。
不安がないと言ったら嘘ですね。
ただでさえ人間不信な私だし・・・・・・

でも。
結果として、すごーく素でいることが出来る人でした。
24時間一緒だし、疲れとか、いろんな想いも出てくるし
LA滞在最終日には街中で喧嘩をするということまでしてしまった。
普段の私ではありえないし、たぶんMさんも日常生活の中では
ないんじゃないかなと思う。
もともと友達なわけではないし、帰ったらもうおしまい、そんなこともできる。
だけど、そんなの何でもない関係になれたのが私は嬉しかった。
旅の間、小さなことでMさんと一緒にいっぱいいっぱい笑った。
喧嘩をしてもその後一緒に買い物をして、1度ホテルに戻ってから
地下鉄でハリウッドまで行って。

成田でMさんとお別れするのがとても寂しかった私です。

選りすぐって選んだものの写真がいっぱい。
少し長くなると思うけど、LAでの様子を記録していきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。